Author Archives: admin

ペットに対してどれだけ愛情を捧げられるか

2017年7月28日

ペット保険に入る事の意味とは

ペット保険というのは、人間の入る生命保険と同じようにいくつもの会社が出していますので、その中からどのような補償内容でどの位の金額なのかを飼い主が選ぶ事ができます。強制のものではないので、飼い主の意向で保険に入らないという人もいますが、もしも大きな病気をして通院が多くなったり手術もしなければならなくなった時でも、ペット保険に入っていれば負担する金額が少なくて済みますしペットに十分な医療を受けさせてあげる事もできます。最期まで面倒を見るのが飼い主の責任になりますので、それは病気をしたり事故などが起きても満足のいく医療を提供してあげる事も責任になります。もちろん保険に入っていなくても費用を払えるだけの十分は収入があれば話は別ですが、そうではない人の方が多いでしょうから、そういう飼い主の為にも様々なペット保険があります。

ペット保険の賢い選び方

今の時代は昔に比べてペットが長生きするようになってきた分ペット保険を扱う会社が増えてきました。補償内容としては、通院に特化している保険、手術や入院に特化している保険などがあり、その負担金額の割合も50パーセント、70パーセント、90パーセント、中には100パーセントという保険も出ています。負担金額が少なくなればそれだけ毎月の保険料は高くなりますので、生活の圧迫にならないような保険を選ぶのも必要です。それに、年齢を重ねていくごとに保険料も上がっていきますのでその金額の上がり方が保険の商品によっても違うので若い頃は安くてもシニアになっていきなり上がる保険もあります。生涯通して無理のない保険に入る事が大事です。

大切な家族の一員のペットにいつどんな時に何が起こるか分かりません。ペットには健康保険がないので、全て自己負担になります。そこで、万一の時のために簡単に出来るペット保険の見積もりを検討してみましょう

Published by:

お金の使い方改革!!絶対手をつけない専用口座を持とう!

2017年7月28日

老後不安をなくしたい人こそ

貯蓄をつい引き出してしまいがちな人は、お金を引き出しにくい口座で絶対に手をつけない貯蓄口座を作りましょう。ネット銀行の定期預金と財形貯蓄などもありますが、ほぼ全ての現役世代が多少になるのが、イデコです。自分で預け先と金融商品を選び、働き方により上限はあるものの上限内なら月5000円から一定額を積み立てていきます。イデコは個人型確定拠出年金といって、60歳まで引き出せないのが注意点ですが、確実に老後資金を増やすのに向いているといえるでしょう。

節税できる分お金も残る

イデコは年金を増やせるのはもちろん、税金を減らせるのがポイントで、毎年の掛け金を全額自分の所得から差し引くことができるので所得税と住民税が安くなりますよ。たとえば、課税所得が400万円の人で月に1万5000円ずつ積み立てていくと、1年で5万4000円、20年の運用で単純に計算して108万円ものお金が節税により手元に残ることになるでしょう。プラスして利息と運用益も非課税ですから効率よく資産を増やしていくことができますよ。

増やすためにはなるべく低コストで

働き方や勤務先の企業年金制度などの有無で、積み立て限度額は決められています。フリーランスの人が最も高く国民年金基金や付加年金と合算して合計で月に6万8000円が上限となっています。はじめるためには金融機関で専用の口座開設が必要で、コストの低さ、サービスの品揃えのよさが選別のポイントとなりますよ。窓口できちんと説明を聞きたいのなら銀行で、コストの安さを重視するならネット証券がいいでしょう。口座管理手数料はネット証券が圧倒的に安いですが、加えて低コストのインデックス投信を扱っているところを中心に資料請求してみましょう。

イデコとは、確定拠出年金制度と呼ばれていたものです。2017年に名称を変更し、今まで対象外であった公務員や主婦なども利用できるようになりました。

Published by:

ダイレクト信用取引って何?選ぶメリットはあるの?

2017年7月1日

資産運用の方法として注目されるダイレクト信用取引

資産運用によって利益を得たいというときにしばしば着目されるようになったのがダイレクト信用取引です。株式投資の行い方の一つである信用取引の行い方として近年流行しているものであり、取引を全てウェブ上で行うというのがダイレクト信用取引の特徴でしょう。証券会社で口座開設を行ったときにアカウントを発行してもらい、その証券会社の運営しているウェブサイトから自由に信用取引を行えるようになっています。ウェブは常に運営されている仕組みになっていることから、24時間、いつでもどこからでもウェブサイトにアクセスできる環境さえあれば信用取引を行うことが可能です。簡便に利用できる信用取引のシステムとして着目しましょう。

ダイレクト信用取引を選ぶメリットとは

信用取引による資産運用行っていく上でダイレクト信用取引を選ぶメリットはいつでもどこでも取引が行えることに加えて手数料が安いことがメリットです。現物取引に比べて異なっているのが現金や株式を借りて売買を行えることであり、レバレッジを効かせて株式を購入したり、持っていない株式を借りて空売りをしたりできます。現物取引に比べて高額の取引を頻繁に行う可能性が高くなることから、手数料が少ないのは大きな魅力になるでしょう。信用取引の効果を最大限に高めて資産を増やすにはダイレクト信用取引を活用するのが大切です。手数料分の利益が得られるかどうかと悩みながら運用しないで済むようにできるだけ手数料の安い会社が提供している口座を選ぶようにしましょう。

信用取引の担保には、現金と株式が一般的ですが、近年、毎月一定金額を積み立てて投資する「投信積立」を担保にできる証券会社が増えてきています。信用取引を利用したリスクヘッジもやりやすくなってきました。

Published by:

ニュースに関連する企業は?!株価が動く企業を探し出す

2017年7月1日

身近にできる株式の取引

株式の売買を副業としている人も増えています。スマホでも取引ができたり、またパソコンの前に常にいなくても一定の基準で取引をおこなうシステムもあったりと手軽にできるようになっています。パソコン等で取引口座を開設することができたりと、株式の取引が身近にできるようになったことが人気になった理由のひとつです。

決算後では既に遅い株式の取引

株式の取引は基本は単純で、安い価格で株式を購入して高い価格で売却して、その差額を利益になるというものです。しかし仕組みは理解できても、どの株式が今後、株価が上がっていくのかを探すことが一番難しいことです。企業の業績は四半期決算ごとに発表されますが、発表された後では既に株価にはその業績を折り込み済みなのです。その時点で売買しても思った利益を獲得することができず、発表の前に売買をおこなう必要があります。

ニュースに関連する企業の株価を考える

そのために日々新聞等でニュースを読むことが必要です。決算のみならず日々のニュースにおいても株価は反応します。ひとつのニュースに関連した企業を連鎖的に考えることも必要です。風が吹けば桶屋が儲かる、という言葉のとおりに、ある企業に対するニュースがそれに関係する企業への連鎖を考えることでニュースには掲載がない企業の株価の予想もすることができるようになります。それを日々のニュースで練習することで関連する企業の株価を予想できて、ニュースになる前に売買をおこなって利益を獲得できるようになります。ただこの売買もバックテストのように実行に移す前に関連性の考え方が正しいか検証することが必要です。

株の取引は手数料より金利が重要になります。現物株の取引コストは手数料が中心でしたが、株の信用取引の金利コストを重視する必要があります。

Published by:

資産運用で老後資金をつくるその方法とは!?

2017年6月29日

個人型確定拠出年金の制度について

個人型確定拠出年金とは、老後に受け取る年金を自分で毎月一定額積み立てていき、60歳になると年金として受け取れる年金制度です。加入できる人は大幅に増えて、今まで加入できなかった公務員や専業主婦や企業年金のある会社員も加入できるようになっています。個人型確定拠出年金の掛け金は、自由に自分で決めることができ、最低月5000円から始めることができます。積立金の増額は、1000円単位で行うことができ、休止することも可能な自由度の高い制度です。ただ、個人型確定拠出年金は資産運用の側面が強いので、運用次第では思ったほどの老後の年金を作れないリスクもあります。基本的に、全て自分でどの金融商品に投資するのかを決め、積み立てる金融機関も自分で決めるという自己責任に重きを置かれている制度です。

税金対策にもなるその魅力とは

個人型確定拠出年金にはさまざまな税控除を受けられるメリットもあり、その点では安心して運用できる点です。まず、毎月の掛け金は全額所得控除の対象となるので、老後の準備をしっかりとしながら今現在の所得税の負担を軽くできます。また、運用益がでても非課税となり、60歳を過ぎて年金として受け取るときは、公的年金等控除と退職所得控除を受けられるので結果として運用した利益は全て年金として受け取れます。個人型確定拠出年金は、60歳までは引き出すことはできませんが、その分さまざまな税制面での優遇があるのでチャレンジしておきたい年金制度と言えます。

個人型確定拠出年金を検討する際は、手数料の安いところを選びましょう。運用会社によって、手数料は全く異なります。

Published by:

強固なセキュリティで安全性も高くなって信頼できるビットコイン

2017年6月29日

ビットコインは安全性も高い!

現在は仮想通貨が幾つも登場して、メディアやニュースで話題になっていますが、その中でも特に知名度の高い仮想通貨がビットコインです。テレビでも度々取り上げられて、その名前を知っている人は沢山います。

また、ビットコインのセキュリティに関しては、2段階で認証する方法を採用したりと非常に強固なものとなっていて、安心して使うことが出来る仕組みがあります。世界中で利用されているものですので、セキュリティがしっかりしていないと話にならないものです。なので、ビットコインはちゃんとした所で取引する場合は、非常に安全性は高くなっていると言って良いでしょう。

ちなみに、ビットコインにはレートがあり、商品購入の時に使えるだけではなく株のように売買して差益を得るとも可能です。

ビットコインを取引するなら取引所へ

次に、ビットコインを実際に使ってみたいという場合は、何処かでその取引をする必要があります。そして、ビットコインの取引に使われている所が、取引所と呼ばれる場所です。日本にもビットコインの取引所があり、電話でサポートを受けられたり、ビットコインの入手から売買まですることが出来ます。

証券会社のような感じで、そこで日々ビットコインが取引されていますので、これからビットコインの取引に挑戦したい方はや、お買い物の時に活用したい方はまずは利用する取引所を見つけていきましょう。

ちなみに、ビットコインは信用取引も可能で、7~20倍などのレバレッジで取引することも出来ます。なので、うまくビットコインの取引をすれば、かなり大きく売買益を得ることが出来るのも魅力です。

ビットコインでFXをするということは、仮想通貨を利用した証拠金取引が出来るのです。ビットコインならば、取引の最終的な結果部分だけお金を動かせば良いのです。

Published by:

自分の進路の希望に合った高校を探すポイント

2017年6月29日

高校を転校する際に必要な手続き

様々な理由から高校を転校したい時には、進学先の教育方針やカリキュラムの内容、授業料などをしっかりと把握することが重要です。また、筆記や面接などによる入学試験が行われることがあるため、興味のある学校の入学手続きの取り方をきちんと比較することがおすすめです。最近では、学習の遅れが出ないよう、スムーズな転校の手続きが取れる高校も増えています。そこで、転校先の選び方に迷っている時には、願書を取り寄せたり、説明会に参加したりすることで、各自の進路の希望に合った転校先を見つけましょう。なお、これまでに転校生の受け入れの実績のある高校を探すことで、不自由なく通学を始めることが可能です。

専門学校に進学をするために高校を転校するメリット

将来的に専門学校への進学を希望するうえで、普通科の高校の授業の内容では対応できないことがあるため、時に転校をすることが有効です。特に、進路指導に定評のある専門課程が用意されている高校を選ぶことで、各自の目標に近づくことができます。最近では、実務に役立つ様々な分野の知識を学べる高校の取り組みに注目が集まっており、高校生や保護者などから注目が集まっています。また、在学中に資格の取得ができる高校に転校することで、キャリアアップにつながることがあるため、早いうちから進学先の候補を決めることがポイントです。なお、実際に高校を転校したことのある人の体験談を参考にしながら、将来につながる勉強に励むことのできる高校を選ぶことが重要です。

高校を転校する際には、定員に余裕があり編入可能な高校を探す必要があります。転校するときは、事前に高校に連絡して試験を受けて合格しなければ入学できません。

Published by:

初心者も安心して通えるパソコン教室を見つけよう

2017年6月29日

パソコン教室で学べること

パソコン教室では、文書処理や表計算、インターネットの閲覧など、実生活で役立つ基礎的な知識を学ぶことができます。特に、機械の操作に慣れていない子供や高齢者も一から学ぶことができるパソコン教室に関しては、全国的に受講生の数が増えています。最近では、就職や転職のために必要となるパソコンのスキルを身につけるために、パソコン教室に定期的に通っている人も少なくありませんが、公的に認められているインストラクターの資格を持つ講師からレクチャーを受けることで、スムーズに上達を目指すことが可能です。また、より高度な内容を学びたい時には、各自の必要性に応じて、ベテランのインストラクターからマンツーマンの指導を受けられるところを探すことが有効です。

パソコン教室で資格試験の対策を立てよう

パソコンに関する資格試験を受験するうえで、独学ではうまく対応できない場合には、巷のパソコン教室で授業を受けることがおすすめです。近年では、就職活動の際に役立つパソコンの資格取得を目指している若者が珍しくありませんが、授業のカリキュラムがしっかりと組まれているパソコン教室を探すことで、各自のスキルに合った学習方法を選ぶことができます。大手の運営会社が展開しているパソコン教室では、一人ひとりの受講生の学習状況を適切に管理できるようになっており、無駄なくプライベートやビジネスなどのために便利なコツをつかむことができます。もしも、短期間で難関のパソコンの資格試験に挑戦をしたい時には、受講生の声を参考にしつつ、合格実績の良いパソコン教室を見つけることがおすすめです。

パソコン資格は国家資格や民間資格など簡単に取得できるものから難易度の高いものまであります。アプリケーションを操作する資格、パソコン全体の知識や操作に関する資格、パソコン本体を整備する資格等があります。

Published by:

自己破産にかかる弁護士費用を節約するための方法

2017年6月29日

弁護士を比較することで節約につながる

自己破産にかかる弁護士費用は、25万円~40万円くらいと法律事務所によってそれなりに差があります。信頼できる法律事務所を選ぶことは大切ですが、相場とそれほど大きく費用がかけ離れていないならば、同じ結果を出してくれる可能性が高いと思われますので、1万円でも安い法律事務所を選ぶようにすることで、コストの節約になります。いくつかの法律事務所で無料相談を受けてみて、その結果によって総合的な判断をするのが良いでしょう。

自分で自己破産をすることも可能?

自己破産の手続きは、自分ですることもできます。個人再生に比べると難しくはないとも言われており、インターネットや書籍で調べながら手続きができる人なら、自分で裁判所に申請をして、手続きを進めることも良いかもしれません。ほとんどの場合に同時廃止になりますが、管財事件となる場合には、弁護士に依頼をしたほうがメリットが出る可能性が高くなるので、相談だけでも弁護士にしておきましょう。資産を保有している場合や、免責不許可事由に該当している場合などには管財事件となりやすいようです。

無料で自己破産ができる?

お金がない人は、法テラスで無利子でお金を借りられる制度を利用できます。生活保護を受けている人は、弁護士費用だけでなく裁判所費用などについても借りられるようです。さらに、自己破産の手続きが終わった時点でもなお生活保護を受けていたら、返済義務が免除されるので、実質的にほとんど無料で自己破産ができるようになっています。病気で働けない人だけでなく、収入が一定以下の人は生活保護を受けられる可能性があるので、役所に相談をしてみましょう。

自己破産とは、借金が返せなくなりどうしようもなくなった時の最終措置です。借金を全部清算することができ、返済から逃れることが可能になります。

Published by: