素朴な疑問!美容師になるためにはどうすればいいの?

2017年9月27日

美容師は免許が必要な職業

美容師になるためには、免許を取得しなければいけません。そして、この免許を取得するためには、二年間学校に通わなければいけないと定められているのです。法律系の資格のように、いきなり本試験に挑戦をするということは原則としてできないわけです。美容系の専門学校に二年行って基礎的な知識や技術を学んで、卒業と同時に試験を受けて免許を取得するという流れになりますね。このスタイルは、看護系の専門学校とほとんど同じです。看護学校は三年通ってその後看護師国家試験に挑戦して、資格を得ることとなります。それと似ていますね。実技が重要視される資格なので、学校での勉強が必須になっているのでしょう。

免許を取得しても美容室が見つからなければ意味はない

無事に美容師国家試験に合格して免許を取得したとしても、そのままでは仕事ができませんよね。どこかの美容室に就職をしなければ、せっかくの免許も使い所がなくなってしまいます。美容室でもいいですし、ヘアメイク事務所などでもいいでしょう。また、個人と専属契約を結んで、その人のためだけに働くというスタイルも最近は増えてきました。有名芸能人の方は、専属の美容師を抱えている場合があります。とにかく、仕事ができる機会を見つけ出さなければ意味はありません。美容室の数は右肩上がりで増え続けているので、今なら仕事は割と見つけやすいです。ただ、その分年収は伸び悩んでいるのが事実です。儲けるためには、何か工夫をする必要が出てくるかもしれませんね。

美容の専門学校では、座学に加えて実習も多く行われており、充実したカリキュラムを通してスキルアップを図れます。