演技したい!声でお仕事したい!そんな人のための選択肢《声優》

2017年9月27日

アニメに携わる仕事がしたい!声優って何?

最近、Youtuberに並んで、憧れの職業になった「声優」。

この記事を読んでいるあなたは、こう思ったことが少なからずあると思います。「声優になって声でお仕事できたら楽しいだろうなあ」と。

あるいは、本気で「声優になって、たくさんの作品でお芝居したい!」と思って行動している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本気の方も、少し気になる方も、じゃあ声優ってどういう風にしてなるのか、あなたはどこまで知っていますか?私も気になったので、調べてみました。

どこで学んだらいいの?

声優になってご飯を食べていくために、どんな力が必要になるでしょうか?

演技力、肺活量、滑舌はもちろんの事、忍耐力、想像力、それからマナーをわきまえているかどうかも重要になってきます。

一般的には声優養成所に入って、声優事務所に入るのがベターですが、ライバルは多いです。

ライバルと差をつけたい、基盤をしっかり固めたい・・・そんな人は声優専門学校に入って、必要なノウハウを養うのも一つの手なのかな、と思いました。

専門学校ではどんなことをするの?

声優専門学校では、声優になるために必要な表現力、演技力、滑舌トレーニングを始め、台本の読み方、それぞれのコツまでじっくり丁寧に教えてくれます。最近では俳優・カメラマンなど、様々なコースが複合された専門学校もあり、お仕事の前に本格的な現場で勉強できる学校もあります。ぶっつけで事務所に応募するもよし、無難に養成所から始めるもよし、慎重に専門学校から積み上げるもよし、あなたはどの戦略で勝ち上がりますか?

声優の専門学校では、声の発声練習や感情を入れて言葉を表現する練習、またナレーションの原稿を読み滑舌を鍛える授業を受けられます。