ニュースに関連する企業は?!株価が動く企業を探し出す

2017年7月1日

身近にできる株式の取引

株式の売買を副業としている人も増えています。スマホでも取引ができたり、またパソコンの前に常にいなくても一定の基準で取引をおこなうシステムもあったりと手軽にできるようになっています。パソコン等で取引口座を開設することができたりと、株式の取引が身近にできるようになったことが人気になった理由のひとつです。

決算後では既に遅い株式の取引

株式の取引は基本は単純で、安い価格で株式を購入して高い価格で売却して、その差額を利益になるというものです。しかし仕組みは理解できても、どの株式が今後、株価が上がっていくのかを探すことが一番難しいことです。企業の業績は四半期決算ごとに発表されますが、発表された後では既に株価にはその業績を折り込み済みなのです。その時点で売買しても思った利益を獲得することができず、発表の前に売買をおこなう必要があります。

ニュースに関連する企業の株価を考える

そのために日々新聞等でニュースを読むことが必要です。決算のみならず日々のニュースにおいても株価は反応します。ひとつのニュースに関連した企業を連鎖的に考えることも必要です。風が吹けば桶屋が儲かる、という言葉のとおりに、ある企業に対するニュースがそれに関係する企業への連鎖を考えることでニュースには掲載がない企業の株価の予想もすることができるようになります。それを日々のニュースで練習することで関連する企業の株価を予想できて、ニュースになる前に売買をおこなって利益を獲得できるようになります。ただこの売買もバックテストのように実行に移す前に関連性の考え方が正しいか検証することが必要です。

株の取引は手数料より金利が重要になります。現物株の取引コストは手数料が中心でしたが、株の信用取引の金利コストを重視する必要があります。